農業を始める方 農家の方 一般・企業の方 に向けた
大阪農業情報ポータルサイト 大阪で農業っておもろいやん!

一般・企業の方
トップ > 一般・企業の方

企業コラボ事例

モンシェール(堂島ロール) × 大阪産不知火(しらぬい)

【コラボ内容】『大阪産不知火(しらぬい)』をふんだんに使用した「大阪産不知火のタルト」を期間限定で販売2020年3月中旬の2週間、近鉄百貨店あべのハルカス店...

Franc et élégant ×ガンバ大阪

【コラボ内容】大阪産野菜を使ったVIP観客向けフードボックスを共同開発かねてからガンバ大阪のホームスタジアムでVIP来場者向けのフードボックスを提供していた...

農家 × 企業 コラボ対談

加工によって生まれる野菜の新たな楽しみ方

代表取締役 福本浩幸 氏
株式会社てりとりー
×
藤井貫司 氏
藤井農園

大阪産野菜によって、「食」の面から持続可能な社会づくりを

浮田浩明 氏
Franc et élégant
×
吉村友寿 氏
ガンバ大阪

今月のピックアップ農家

穂谷の自然に魅せられた、有機農家。

大島哲平さん 

( おおしまてっぺい / ひらかた独歩ふぁーむ )
  • 北河内
  • JA北河内
  • トマト
北河内
人口40万都市、枚方にこんな自然いっぱいの所があったのか、と驚かされる。ここ穂谷は、生駒山地の北端にひっそり佇む里山集落だ。穂谷は、朝日新聞創刊130周年・森林文化協会30周年記念「にほんの里100選」に選ばれた。この地には大阪府の絶滅危惧種20種を含む約650種の植物が自生し、在来の哺乳類や鳥類、昆虫類など、生物は多様性に富む。 ここで新規就農し、中山間地農業の維持発展に取り組む「ひらかた独歩ふぁーむ」の大島哲平さん(3
6)を訪れた。「小さい頃から食べることが好きだった」ご両親はともに教員、枚方の街なか生まれの哲平さんは農業には無縁だったが、「食べること」が大好きだった。龍谷大学国際文学部に進み、少林寺拳法部に所属。三段まで昇段するが関心は一貫して食べること、なりたい職業は料理人だったという。4回生の12月に始めた就職活動で、財団法人京都府学校給食会に入社した。料理人ではなかったが、食に通じる仕事に就いた。旅人×農業=穂谷自然農園食の流通についての経験と実績を着々と積み、仕事も順調ではあったが「自分はこのままでいいのか?」と将来に自問自...
LINEで送る
Pocket

スペシャルコンテンツ