農業を始める方 農家の方 一般・企業の方 に向けた
大阪農業情報ポータルサイト 大阪で農業っておもろいやん!

トップ > お知らせ・ニュース > 【直売所レポート】 JA大阪泉州 こーたり~な 令和4年度の泉州水なすの宅配サービスが始まりました!

お知らせ・ニュース記事

LINEで送る
Pocket

大阪府泉佐野市にあるJA大阪泉州農産物直売所の「Rizumie こーたり~な」。

2003年に開設された「こーたり~な」は、JAが運営する大阪府内の農産物直売所の中で最も歴史のある直売所です。

府内・府外から多くの支持を獲得している「こーたり~な」は平日・休日問わず多くの来店客でにぎわい、敷地内駐車場約200台の駐車スペースには、府外ナンバーの車も珍しくありません。

 

取材に伺ったのは平日の朝一番でしたが、すでにたくさんのお客様が来店されていました。

店内の中央には平台が並べられ、水なす、玉ねぎ、レタス、ホウレンソウといった種類豊富な泉州地域でとれた野菜や、夏みかんやいちご等の香り豊かな果物が並んでいました。

これから夏にかけての時期、5月から7月頃は泉州地域の特産品である「泉州水なす」の収穫が最盛期を迎えます。取材に伺ったのは4月末でしたが、すでに水なすの販売が始まっていました。

泉州水なすは、アクが少なく、水分を多く含み、ほのかな甘みがあるのが特徴で、生で食べることができる全国的に珍しいなすです。水をたっぷり与え、皮が傷つかないように育てなければならず、栽培が難しいとされていますが、その分水なす農家により大切に育てられています。

【泉州水なすについては農産物情報ページでも紹介しています。こちらもご覧ください。】

 

泉州水なすの調理方法は、焼きなすや、煮物など有名な食べ方がいくつか思い浮かびますが、サラダとしてそのまま食べることもオススメです。作り方はとても簡単で、3つのステップで完成です。

【作り方】

①泉州水なすを手で食べやすい大きさに割く。

②軽く塩もみする。

③ポン酢と鰹節をお好みの量をかける。

④完成

【調理イメージ】

水なすのサラダは、なすそのものの味を楽しむことができ、たっぷり含まれた水分を摂取できるため、暑くなるこれからの季節にぴったりの一品です。
サラダとして加えるものは、ポン酢、鰹節の他にも醤油やオリーブオイルといった様々な組み合わせができますので、いろいろ試してみたくなること間違いありません。

「こーたり~な」では、令和4年4月22日(金)から令和4年8月31日(水)まで、泉州水なすの生果や浅漬けの宅配サービスをネットストア(https://kotarina-rakuuru.com)または、FAXにて受け付けています。FAX用紙はこーたり~な公式HP(https://kotarina.com/)よりダウンロードいただけます。

「こーたり~な」店頭やホームページから泉州の旬の味覚を楽しんでみてください。

 

【直売所情報】

JA大阪泉州農産物直売所 Rizumie こーたり~な

〒598-0008 大阪府泉佐野市松風台3-1-1

直売所事務所 TEL:072-458-0070

水茄子宅配課 TEL:072-462-8181 FAX:050-3606-5705

営業時間:9:45~17:00(定休日:第三木曜日)(※最新情報は店舗へお問い合わせください。)

【公式HP】https://kotarina.com/

LINEで送る
Pocket

スペシャルコンテンツ